返信先: 専門学校進学について

#8631
あご
ゲスト

専門学校を卒業して2級免許を取得し、約10年整備をしていた者です。

某ディラーで勤務していましたがどれくらい大変かは正直のところ入社した会社や配属された先でかなり違ってしまうのであくまで自分が経験し事感じた事をお伝えします。

実際どれくらい大変なのかとゆうと難しいですが基本的には残業なしで退勤した記憶はあんまりないです。(平均月20〜30時間程度配属先によってはこれ以上)業界的にかなり人手不足なのが主な原因です。
実務の整備では色々な知識と経験を要求されます。機械、電気、電子機器、車の仕様、タイヤなどや法的に違法車両かどうかなど総合的にです。この辺は実務をしながら経験を積んでいけば問題ないと思います。最初は洗車とか簡単な点検、車検のサポートをしつつ先輩に教えて貰えるはずです。ディーラなら社内研修や資格の講習が定期的にあるのでスキル、知識は上がると思います。
整備だけではなくある程度の対人スキルが求められます。例えば、不具合のあった車をお客様から的確に聞き出し現状を把握したり見積もりの作成し提案などのコミュニケーション能力が必須です。案外これが苦痛の人も居るみたいです。
また、配属された店舗で人間関係を良くして行かないと精神的にやられる人もいます。車の整備士ってヲタクとヤンキーがマジで多いですよ(笑)
あとは、ディーラだと整備士でも販売ノルマが有ります。(会社によっては違いがありますが)新車、車検、点検、保険、JAF、通信販売(携帯電話など)などが多少有り意外と大変です。

二級自動車整備士コースで免許取っても正直いきなり実践で活躍は難しいでしょう。なにぶん経験と知識がもの言う世界ですから。
一級免許については個人的には要らないかなと思います。
二級免許あれば実質的に出来ない整備はほぼないですし、一級免許を専門学校で取ってもかなり学費が掛かってしまいます。一級免許を持っていれば資格手当が出てお給料は上がりますが元を取ろうとすると何十年掛かるかわかりません。また、いざ整備士になってみてなんかイメージと違かったと辞めてしまえば無駄になってしまいます。一生整備士をやり続けるとゆう意思が有れば取得してま良いと思います。
専門学校を行くメリットは自分が思う所、実技の基本的作業を会得できる点だと思います。
基本的な工具、測定機器、ボルトの絞め方、などです。なぜかと言うと車の修理書は基本的作業が出来る前提で書かれており基本的な社業が出来てないとちゃんとした整備が出来ないからです。
あと、友達を作れる点です。これかなり重要で専門学校を卒業するとみんな多くの人が整備士になると思います。(当然ですが)そうすると色々な情報を共有したり聞けたりします。トヨタディーラーでホンダ車など他社の車を整備するとき分からない所が有ったらホンダに就職した友達に気軽に聞けたりするので横の繋がりを増やせますよ。
デメリットは、学費が高い事ですかね。
メーカーや私立の専門学校は入学は楽ですが結構高く付きますから。
倍率は高いですが産業技術専門学校系ならかなり安上がりですよ。(設備は少し古いかもしれませんが)

最後に、車に興味を持ってくれるのは嬉しいですが親御さんの気持ちも分からなくは無いです。
肉体的にも精神的にも結構きついですしお給料もそれほど良くもありませんし…(最近は多少改善されてきていますが)
大学行ってからでも十分取れる資格ですし、自分が行った専門学校でも何人か大学行ってか入学して資格取得した人もいましたよ。
頑張ってください、応援しています。

タイトルとURLをコピーしました