整備士から整備士への転職で感じた話。

整備は好きだけど整備士の仕事は合ってないかも

そう感じる人は多いんじゃないですかね。

お客さんの懐事情、整備意識、求めるもの
会社方針、上司の考え、時間の問題等による
理想と現実のギャップですよね。

でも待てよ、一つの会社で
整備士の仕事は判断出来ないんじゃない?

その会社が合ってないんじゃない?

今回は私が実際に数回転職をしてきた中で
感じたこと、意識したこと、周りの対応など
今の会社に不満があって転職を考えている方へ
参考になればと思い書かせて頂きます。

初めての転職

辞めたくなる理由は人それぞれですが
私が1社目を転職を決意した理由は

給料が安すぎた!

10年目の先輩(次期工場長ポジション)の
給与明細を見せられた時に愕然としました。

自分より大変な役割で残業も多い先輩が
なぜ自分と数万円しか変わらないのか。

答えは、残業する≠残業代が出る
そうブラックでした/(^o^)\ウンチ

下っ端なので仕方ないですが
基本的に点検や車検で時間に追われる日々
たまに回してもらえる
エンジンや足回りを整備する
THE 整備士みたいな作業が好きな自分は
物足りなさと将来への不安を感じてました。

勤務時間内外問わず自分の車を触っても
毎日洗車しても特に何も言われない
自由な会社だったので楽しくは働けてましたけど
毎月の寂しいお賃金がこれからずっと続いて
出世したら残業代削られるとか無理。

そんなときに知人が働いている会社が
残業が多い分給料たっぷり
そして
THE 整備士な仕事が出来る
という話を聞いて

お賃金!お賃金!\(^^)/

というテンションで決意を固め
大型トラック整備士に転職しました。

転職決意後の行動

転職を決意した気持ちが変わる前に
すぐ知人から上司に相談してもらい
数日後には会社見学へ(説明会的な)

自分がした質問はありきたりで

上司さんに給与や休日等、待遇面の話
整備士さんに実際の所どうか←これ大事

相手からは

どういう作業が出来るか
乗用車と大型の違い
長時間労働に耐えれるか

などお互いに色んな話をしました。

新しい環境って期待と不安があるけど

お賃金!お賃金!\(^^)/

状態の自分は不安を感じることなく
お賃金への期待に胸を膨らませてました。

そんなこんなで採用が決まるまで
同時進行で退職の段取りを進めます。

退職の意志を伝える

まだ在職中の会社には退職の意志を
伝えていない状況でしたが
もう辞める決意しかなかった自分は
退職届を2通、鞄に忍ばせ
上司へ退職の意志を伝えました。
(退職届を破られるって噂があったw)

この退職の意志を伝えるってのが
わりとハードルが高くて
難しいっていう人多いですよね

怒られそう
話聞いて貰えるかな
忙しい時期だしな
人足りてないもんな
同僚にどう思われるだろう

色々と考えてしまいますよね。
私は全く気にしないタイプです)

でもね、会社を辞めたこと
辞めていく人を見送ったこと
両方経験してわかったのは

「別にどうにでもなる」

常識的な退職の流れであれば
一人辞めたとて問題ないのです。

平社員一人辞めてダメになる会社なら
遅かれ早かれ・・・ね?

急に来なくなったとか
爆弾を仕掛けたとか
同僚全員で一気に辞めるとか

そういうのでなければ
周りの態度は変わらず

「転職先が良かったら誘ってくれ」
「退職伝えた時の上司の態度は?」

みたいに色んな質問をされるくらいで
ギスギスすることなく
辞めれるんじゃないですかね。
(ちなみに退職届けは破られなかったw)

転職後の関係性

無事、円満退社できたので
転職してからも会社に顔を出したり
上司・同僚と気まずくなることもなく
研修などで会うと近況を話したり
その後、無職になったときも
バイトの話を貰えたり

数年経った今でも「戻って来ないか?」
と言われる関係性はありますので

もしまた無職になっても安心だね←

転職する時考えていたこと

少ないお賃金で働いていた自分は
もちろん貯金なんて雀の涙。

無職期間を作らないように
在職中に転職活動をして
転職のタイミングはボーナス後など
生活の不安を作らないように心掛けました。

知人が働いているということと
会社見学の時に転職先の方々と
コミュニケーションを取っていたので
次の会社での人間関係に不安は感じず

お賃金!お賃金!\(^^)/←しつこい

ということだけ考えていました。

あとは入社年数の浅い下っ端整備士だったので
特に抱え仕事も引き継ぐことも無く
何も変わらず退職の日まで過ごして終了。

その当時は特に考えていなかったのですが
整備士は技術職でもあるので
乗用車だけじゃなく大型トラックも
整備できるという経験は
その後の転職に好影響でした。

まとめ

わりと転職にマイナスイメージを持って
不満があっても我慢している人がいるけど

一つの会社では経験出来ない

関わる人間、業者
仕事のシステムの違い
技術や知識面の違い

があるので、転職後に

今まで取引のなかった業者とのパイプ
前の会社の良いシステムを真似して
改善に繋げることも出来る

技術や知識を展開出来れば重宝される

プラスになることは沢山あります。

人間は環境に適応する生き物だと思うので
もし現状に不満があるのなら
環境の変化を恐れて行動しないより
より良い環境に移るのが吉かなと。

コロナウイルスで先行きが見えない今でも
無職期間を作らない転職活動なら
不安も少なく行動できると思います。

円満退社はおろか転職活動も出来ず
ニート生活をすることになった
失敗経験については
次回お話したいと思います。

さらに詳しく知りたい人は取材してもらった

「自動車整備士あるある言いたい」さんの転職体験談を聞いてみた!

この記事を参考にしてみてください!

それでは整備士あるある言います。

真冬、つなぎの下に着込み過ぎて
大きい方するとき時間がかかる

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました