整備士あるあるまとめ(異音)

車検、点検整備、故障探求、故障修理
日々色んな仕事がある中で
なんだかんだ難しくて時間を取られる
異音修理あるあるをまとめました

ご覧ください。

普段鳴ってるはずの音が
店に来ると鳴らなくなる
原因不明のどうしようもないあれ

はいはい原因不明のやつね
と思ったらほぼ鳴らない
再現不可能のどうしようもないあれ

鳴ってる音を止めると
別の音が出てくる
いたちごっこのあれ

実際にあったのが
エアコン吹き出し口に付ける
ドリンクホルダーが振動してて
「これですね」って押さえて止めたら
「その音じゃないかも」
(以降鳴らない)
どちらも納得出来ないあれ

音の原因が車じゃなくて
周辺環境っていうパターン
説明しても納得されないあれ

これは個人の感想です。

パネルの軋み音系は
診断までの時間がかかったり
料金を貰えなかったり
季節変わると再発したり
音の出るところが多かったり
前回と今回で違う音だったり
人によって気になるレベルが違ったり
ややこしくなりがちですね。

異音系はあるあるネタが多いんじゃないでしょうか?
もし異音あるあるがあれば
コメントまでよろしくお願いします。

それでは整備士あるある言います。

予約の時間に遅れてくるお客さん
待つのも嫌で作業せかしがち

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

  1. TREK より:

    客「左のほうからキシキシ音が聞こえる」
    二人乗りで走る
    整「聞こえます?」
    客「おっかしいないつもなら鳴るのに」
    整「とりあえずまだ鳴るようなら来てください」
    客帰るもすぐに戻る
    客「いま!いま鳴ってる!みて!」
    二人乗る
    整「鳴りませんねぇ」

    もしかしてと思いシートを揺する
    異音「キシキシキシキシ」

    原因はフロアのシート固定部スポットの剥がれ
    ボディーがよれた時
    剥がれたスポット部が擦れて異音発生するも

    助手席に人が乗ると重さで下がって隙間が無くなり音が出なくなる

    なるほどねぇとなった

  2. ルサルク より:

    客「ベルト鳴きするんだけど」
    整「見ましょう」
    ボンネットパカー
    車「」
    客「鳴らないね」
    整「鳴りませんね、ベルトも特に摩耗も亀裂もありませんし」
    客「とりあえず帰るわ、ごめんね時間取らせちゃって」
    ボンネットガチャン
    整「いえいえまた何かあればお越しk」
    車「キョアアアアアアアw w w」
    客「鳴ったね」
    整「鳴りましたね」ボンネットパカー
    車「」
    整「???」
    客「www」
    たまにこうやって車におちょくられる

  3. 某T系自動車整備士 より:

    客「ちょっと音なってるわぁ。そんな気にならんけど、みてもらえれる?」
    整備士「はぁ(どうせまた何かが当たってるんだろうな…)」

    ~試乗~
    車「ゴリゴリゴリゴリ〜www」
    整備士「ふぁーーーーwww」

    なお、原因はフロントのハブベアリングでした。どこが、ちょっとやねん

  4. jzs171 より:

    パトカーで80キロくらいで異音が出始めらとのご用命。

    リフトであげた状態で走っても現象が出ないから仕方ねー走るかと思って走行テストへ。

    だがしかし…

    パトカーどこ走ってても前の車が法定速度で走るもんだからテストにならなかった。

タイトルとURLをコピーしました